• 現在、東ティモールで活躍中の唯一の自衛隊からの器材

JDRAC(日本地雷処理・復興支援センター)は
東ティモールの次世代を担う人材の育成に、今までも、そして、これからも取り組んで参ります。

JDRAC日本地雷処理・復興支援センター〜「私たちの歴史と活動」

 

本年(2022年)5月20日、21世紀最初の独立国である東ティモールは独立から20周年を迎えた。JDRACは2002年3月から2004年6月まで東ティモールでの国連平和維持活動へ派遣された陸上自衛隊の成果を引き継ぐため自衛隊OBを中心に2003年に結成され、来年で20周年となる。              「独立にあたって、日本との時差をゼロにした。」グスマン初代大統領