JDRACの実績

不発弾技術者養成事業(外務省)


国連東ティモール支援団から、
東ティモール(警察への不発弾処理の教育)

国連東ティモール支援団(UNMISET)からの要請

 国連東ティモール支援団(UNMISET)から、在東ティモール日本大使館を通じて、東ティモール政府(軍・警察)に対して不発弾処理の教育をJDRACで実施して欲しいという要請を受けました。JDRACとしては、国連からの要請に基づくNGO活動が、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として認められ、プロジェクトを実施することになりました.
プロジェクトは2005年5月から、自衛隊武器科職種OB4名を派遣し、東ティモール警察から選抜された要員に対し教育を開始し、第1期教育は無事に終了しましたが,2006年の第2期教育開始時に、東ティモール国内で騒乱が発生し、警察組織が崩壊するという事態にまで発展したため、一時活動を凍結いたしました。
しかし、治安回復後、ただちに教育を再開し、第3期までに、21名の不発弾処理技術者を育成しました。この学生達が現在東ティモール警察不発弾処理部隊の基幹要員として活動しています。

2005年より三期に亘るプロジェクト

2005年5月 第一期目 2006年2月 第二期目 2009年2月 第三期目
警察官10名への教育 動乱により不調 21名の不発弾処理技術者を養成
東ティモール警察から選抜された警察官10名に対し、自衛隊OBが不発弾処理教育を実施。 第2期教育開始直後、大量の軍離脱兵士に端を発した騒乱が発生したため、教育は凍結に次ぐ凍結で、教育の達成度はきわめて低い状態となってしまいました。 東ティモールの治安も回復し、教育を再開した。
警察内部に編成される予定の不発弾処理隊の基幹要員となった。

 本来国連が行うべき事業を、日本の一NGOが真摯に実行している姿を、UNMISETに理解してもらったことは、日本からの選挙管理支援に匹敵する外交効果があったものと思われます。

不発弾処理の教育風景

不発弾処理野外授業開始風景
第1期学生と現地代表・教官
我ら不発弾バスターズ!
不発弾を知らない子供たちに、不発弾の危険を教育する安全キャンペーン実施風景
手榴弾の野外授業(マナトゥトゥにて)
発見された不発弾(手榴弾)