JDRACの活動記録

JDRACの活動

久光理事長無事帰還

2015年12月21日

 I’m home~
久光理事長は、期待通りの明るい声で、帰ってきた。
 Wow!
日に焼けたチョコレート色の顔には、疲れがうっすら浮かぶ。 「や~参ったよ。冗談かと思ったよ」 やり終えた達成感が、笑顔となる。 ペリリュー島で眠る遺骨を手で掘り起こしたという。 シャベルを使うと不発弾にあたりかねないからだ。 ジュラシックパークさながらの緑が生い茂る中で、パラオ諸島戦没者遺骨収集帰還派遣団員は、丸5日立ち上がれない程の狭い洞窟で、はたまた目の前に覆い被さる草木を刈り込みながら、道なき道を進み、手を使い、這いつくばり、お骨を拾った。久光も、皆に倣った。
若かりし自衛隊時代、ヤモリのように出来たほふく前進も、今は痛いだけだった。
けれど、やめるわけにはいかない。やめたいけれど、やめられない。
この出張報告続編は、久光自らします!乞うご期待を!