最新情報

最新情報

JDRACの最新情報をお知らせ致します。

令和4年度第一回理事会を実施しました。

2022.04.28

新緑の候 青葉繁れる好季節を迎え会員の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

去る4月28日、千代田区麹町区民会館におきまして北岡眞文顧問、湖﨑隆顧問、千先康二顧問、川又弘道顧問の同席のもと、令和4年度初めての理事会を開催しました。理事会では、団体の安定的な運営のための向かうべき方向性(約6年間)を明らかにした運営基本計画及びその初年度となる令和4年度の事業計画が審議・了承されました。特に事業計画では現事業の着実な実行と、外務省やJICA関連の新規事業開拓、新たなチャレンジとしての留学生事業やフェアトレード事業の具体的な実施要領とそれらを担当する理事・職員が明記されています。さらに、令和3年度の事業報告、決算報告並びに令和4年度の事業計画、事業予算案についても審議・了承されました。

現在実施中の建設機械整備士養成事業(第2期)については小松事業統括理事から、コロナ感染拡大で教官派遣が遅れたこと等により当初計画の期間内で教育成果を十分に得られないこと、予算状況もある程度余裕があることから、成果定着のための約1ヶ月の期間延長が提案され、理事会はNGO無償資金協力事業費の範囲内で実施することを条件にこれを承認しました。一部に団体の基本財産を取り崩してでもより高い成果を得るよう努力すべきとの意見がありましたが、計画外支出は団体の運営を非常に厳しくすることから退けられました。皆様の会費と寄付に支えられている当団体としては、各事業の進捗管理を適切にしていく所存ですので、今後とも皆様のご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。なお、本事業計画等の内容については6月23日予定の総会でも説明致します。

次に、新たな役員体制として、湖﨑顧問、川又顧問、長谷川監事の3名及び小瀬幹雄会員、前事務局長代理の小和瀬会員の2名、合計5名が新たに理事に、奥谷隆会員が監事に推挙されました。新役員については定款に基づき総会で皆様にご承認をいただく予定です。また、私事ではありますが、私は事務局長代理から正式に事務局長に就任し、本理事会で承認を得ましたのでここにご報告申し上げます。

3月初めから開始しましたウクライナ緊急支援募金については、皆様のご協力によりメルマガ執筆時点で120万円ほどが集まり、今なお日々支援金が寄せられています。当面、救急止血キット300個をウクライナに送るべく準備を進めており、4月28日、川又顧問、長尾理事が在日ウクライナ大使館を訪問し目録を手交しました。

最後になりましたが、まだまだコロナ禍が続いております。会員の皆様におかれましてはくれぐれもお体ご自愛ください。

皆様のご多幸とご健勝を祈念申し上げます。

 事務局長   豊留 廣志

 

 活発な討議

 

 参加者による集合(後列左から)長尾理事、杉原理事、奥谷監事候補、長谷川監事、

(前列左から)川又顧問、北岡顧問、加藤理事長、湖﨑顧問、千先顧問、小松理事

 

 

年度計画示達