最新情報

バックナンバー

最新情報

JDRACの最新情報をお知らせ致します。

久光理事長より暑中お見舞い申し上げます。

2016.07.30

会員の皆様また本ホームページをご覧の皆様、暑中お見舞い申し上げます。皆さんにはお変わりなくお過ごしのこと存じます。
参議院選挙、引き続き東京都知事選挙と政治の流れを変えそうな政治日程、選挙が続きます。また、今年も残念ながら、熊本・阿蘇大地震、茨城県南部の群発する地震、日本各地で発生する竜巻など心配の種は尽きません。しかし、先人たちは幾度の災害・戦禍から見事に復興を成し遂げてきました。私どもも先人の知恵と根性に負けないよう努力していかねばと思っています。
去る7月7日防衛省の「ベトナム、カンボジア及びラオスにおける地雷・不発弾処理の現地調査」を受注しました。この間、この事業には全く不慣れな本部スタッフの布施・堀江・竹内が、寝食を忘れ、頑張ってくれました。同時に、特定の会員から貴重なアドバイスを頂いたことも忘れられません。JDRACにとって東ティモール以外での国外事業は初めてとなります。
7月27日には、調査団長の大脇氏をはじめ、6名の団員と本部スタッフとの1回目の会合を持ちました。以後、団長、伏木氏を中心に実施計画を確定させ、9月末頃に予想される3カ国への出発を目指します。防衛省のご期待に沿えるようJDRACの名誉をかけて努力して参ります。
国内復興事業にもチャレンジします。7月18日、その手始めに鈴木仙台事務所長の案内で、宮城県知事村井氏、宮城県危機管理監、仙台市及び岩沼市の危機管理担当者(いずれも元自衛官)にお会いし、JDRACの現状と、東北大震災関連復興事業への参加に向け意欲があることを話してきました。引き続き鈴木事務所長を核にして事業化への道を推進していきます。
次ぎに、JDRACが「遺骨収集帰還団」に指定されましたが、その第1陣として8月23日~9月5日の加藤氏がノモンハン(モンゴル)に向かいます。
いよいよ盛夏を迎えます。皆さまにもくれぐれも健康に留意され、健やかにお過ごしのことをご祈念し、ご挨拶とさせて頂きます。